Entry: main  << >>
経営革新計画について
0

    JUGEMテーマ:経営

    先日、経営革新計画の承認書が届きました。

    経営革新計画とは何かと申しますと

     


    大阪府では、中小企業者の経営革新への取り組みを支援するため、「中小企業等経営強化法」に基づき、中小企業が自ら策定する新事業計画を審査し、一定の革新性、経営の向上、実現可能性のある計画を「経営革新計画」として承認しています。承認された企業は、日本政策金融公庫による低利融資制度や、信用保証の特例等の様々な支援策に申請可能となります。


     

    とあります。

    ※大阪府の「経営革新計画のご案内」より

     

    経営革新計画単体でも上記のようなメリットがありますが、弊社が承認を目指したもう一つの理由が「ものづくり補助金」の加点項目であるためです。

    ものづくり補助金とは正式名称を「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」といい

     


    国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援することを目的とします。


     

    となっております。

     

    ものづくり補助金の加点においては「経営力向上計画」というのも加点項目なのですが、経営力向上計画よりも経営革新計画のほうが、より詳細な計画で補助金合格に有利との噂もあり、不合格の場合に備えて申請をいたしました。

    (経営力向上計画については以前に認定されておりますので、今回のものづくり補助金の加点項目にしました。)

     

    経営革新計画の申請にあたっては、経営力向上計画よりも詳細な資料を作成する必要があり、細かい数値も記載する必要があったため、顧問税理士に協力してもらいながら書類を仕上げました。

     

    書類の郵送後には、府庁にて面談があり、府の担当者と中小企業診断士の2名からヒアリングがありました。

    ヒアリング後には弊社への訪問があり、書類の修正点などを教えていただき書類が完成しました。

     

    承認は大阪府の会議で決定されるようで、この会議には弊社が参加するのではなく、担当者と診断士の2名が弊社の代わりに出席し、承認の必要性について述べてくれます。

     

    書類の提出から承認書の到着までは、おおむね1ヶ月程度でした。

    ものづくり補助金の加点を目指す場合には、早めの申請がよろしいかと思います。

     

    さあ、次はものづくり補助金の発表が控えています。

    合格発表が楽しみです。

    | 配線コム | 15:12 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 15:12 | - | - |
      Comment